読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's give it a whirl !!

NZへワーホリにのこのことやってきたブログ

Accommodation

f:id:coconut0616:20160922175811j:plain

 

このネルソンの学校を卒業してまだ一週間も経ってなかったけど

実感したことは「衣住食」っていうように

この3つって本当に大事!むしろこの3つがあれば

あとはどうにかなるって思った。住むところないの本当ストレス!!

 

前地のピクトンでYHAの人に話しかけるって決めてたけど

ちょうどこの私が泊まった時期、NZの冬休み期間で

友達・家族で団体で来ている人たちばっかりで撃沈・・・

その中でこんな私に話しかけてくれる人がいたんやけど

沈黙に耐え切れなくなり、距離を取ってしまった始末・・・本当にごめんなさい・・

 

 

もうどこに行っても人。一人になる時間がなくて

でも友達もいなくて孤独ですることなくて・・

いやーやばかったね~精神的に!

たぶんwi-fiない時代に生きてたら孤独感に苛まれてたと思う。

しゃべらな過ぎて、ハンバーガーを食べるために口を開いただけで

口角が切れるっていう・・・人生初やで・・

 

とりあえず、住む家を見つけなければ!!ということで

trade me とNZdaisukiの掲示板で募集していたフラットの見学へ!

この1件目のtarde meのフラット、ネイティブだったのでただでさえ

ドキドキだったに私以外にも見学者がいて

その見学者が怖かった~~~!

カップルで来てたんやけど、キウィらしくて住んでる人とぺらぺら喋ってて

私、蚊帳の外やし、住んでる人が気を遣って話しかけてくれるんやけど

それで私が返答してると「なんだこいつ」みたいな薄ら笑顔でカップル同士で

アイコンしてるし・・・

あぁ、語学学校でも旅行者が集まるところでもない一般の環境って

厳しいなって実感したと同時に、ただでさえ孤独だった私には辛かった・・・

 

2件目のNZdaisukiで見学させてもらった日本人の方によくしてもらって

現在はそのフラットに住んでます。

ほんとに一人になれる環境があるって幸せ!快適!!

 

ちなみにフラットが決まった日、

YHAに帰ったら受付のお姉さんに「フラット探してる?」って

聞かれるっていう・・タイミング!!w

とりあえずバックパッカーズの人に尋ねるってのも手だったなって思った。

 

そんな感じで私のウェリントンでのフラット探しは幕を閉じました。

(フラット決まってからも、移動日までは日にちがあったのでYHAで暮らしてたけど

フラットが決まってるっていう安心感は大きかった~!)

確かこれがウェリントンにきて3日目。

 

Wellington YHA

1night $31 (YHA card)

1room 6people(mix →women)