読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Let's give it a whirl !!

NZへワーホリにのこのことやってきたブログ

語学学校比較

f:id:coconut0616:20160929143205j:plain

 

Nelson English Centre (NEC) Nelson

4週間 フルタイム 学費 NZ$1,935(エージェント経由)

 

<良かったところ>

・先生と生徒の距離が近い

・人数が少ないので、生徒、先生の顔を覚えやすい

・紅茶、コーヒー、砂糖、牛乳、マグカップがいつでも自由に使える

 かつ、教室に持ち込み可

・教科書を購入する必要がない

 毎回、テキストのコピーがもらえる

・英語で毎日日記を書く習慣を推奨され、毎日添削してくれる

 

<微妙だったところ>

・アクティビティが圧倒的に少なかった(時期にもよるっぽいけど)

 週に1回あるかくらいの勢いだった

 

<国籍>

サウジアラビア、日本、韓国、スイス、台湾、中国、ブラジル、香港、マカオ 

の順くらいだった気がする(うるおぼえ)

 

 

 

Cambell Institute Wellington

4週間 フルタイム 学費 NZ$1,480(エージェントなし)

 

<良かったところ>

・アクティビティ豊富

 毎日授業+放課後1時間無料で何かしら授業が受けられる

 (発音、単語など)

 に加え、学校外の行事も多い(追加料金必要になる)

・生徒、先生の人数が多いのでクラスが多い

 (変更しやすい)

・入学時と卒業時(任意)にテストがあり

 進歩度着きの卒業証書がもらえる

 

<微妙だったところ>

・教科書(60$)で購入しなければいけない

 短期間だったので10Pもしてない気がする

・紅茶、コーヒーが中休み的な時間にしか使えないこと

・お昼ごはんを食べるスペースが限られていて

 そのスペースが生徒数に対して狭すぎる

 

<国籍>

中国、日本、韓国、ドイツ、台湾、ブラジル、サウジアラビア、香港

の順だった気がするけど・・・テストコースはドイツ人がほとんどを占めてたらしい

 

思い出せるのはこのくらい?

クラスはほんと先生と生徒による。

どちらのクラスがわかりやすかった?って聞かれると

本当に先生次第。

私的には両校とも、午前の先生は当たりですごくわかりやすかったけど

午後の先生は「うーん・・・」って感じだった

 

よく日本人がいると日本語で話すって言うけど

両校とも日本人同士でも英語で話してたので

日本語を話す機会は滅多になかった。

日本人は真面目に勉強しにきてる人ばっかりだった。

 

そして、冬だったので

正規の先生が休暇を取っていない確率が高めw

どこの語学学校もそうみたいだけど。

 

いやー学校っていいよね 遠い目

来年、帰国前にまた語学学校に通いたいと考えている私なのでした。

てか、ネルソンし見積もり出してもらってなかったけど

意外と高めだったのね・・!

田舎の方が安いと勝手に思っていたよ。

やっぱり調べるのって大事ねえ~ 他人事

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村